2004年09月30日

運転のときに思うこと。。。

事故や病気で、家族や恋人を亡くした人々の手記を読んだことがある。
故人へのあふれる思い、それは「もう一度会いたい」「昨日の今まではあんなに元気だったのに」
「最後のありがとう、という言葉が…」と、深く、苦しいあまりに純粋なものだった。
 
 
自分は、大切な友人を病気で失ったことがある。
日ごろ、何気ないことが当たり前に過ぎていくものと思い、
明日も生きていることになんら疑いを持たない僕よりも、
よっぽど「あたりまえのこと」の価値を知り、明日の命に焦がれ、人知れず努力し、
(僕らの当たり前を手に入れるために、彼女には努力が必要だった)
そして生きたいと強く願っていた女の子だった。
 
彼女の告別式の日、お棺に添えるための花を選ぶとき、
いくつもの花の中から一番きれいなやつを探して、
かつては教室で談笑したその女の子の右側に、添えた。
そのお葬式からもう14年経ったけど、今も彼女は僕の心に生きている。
「一生懸命、大切に生きてる?」って、笑って聞いてくる。
つらいときは、その子の声が響いてくる。
 
 
僕は、僕の彼女や家族、大切な人たちが不条理な交通事故でなくなることなど、
想像しただけでひどく悲しく落ち込むことがある。
 
だから車を運転するときにいつも、気に留めていることがある。
「自分が大切な人を失ったら立ち直れなくなるように、他の人の命を奪えばきっと誰かが同じ苦しみを背負うことになる」
「僕が事故で死ねば、きっと僕の彼女や家族はあまりに深い悲しみを一生おっていく事になる」
事故をしてしまった相手が、自分の恋人だったら、家族だったら?僕はどうする?
 
とはいえ、自分も常に安全運転ではなく、時にかっとするときがあるし、結果的に危険なこともある。
運転する時点ですでに誰かの命を危険にさらしているだろう、という一部の論も理解できる。
だからいつも、かっとする気持ちの中で、自分の大切な人を思い出すようにしている。
 
一時的な自分の情動より、その人を悲しませたくない気持ちのほうが、はるかに大きい。
僕には、その人たちと一緒にすごしていけるこれからの時間が何事にも変えられず、とても大切だから。
そして、それは相手にとっても同じことのはず。それを奪うことはできない。
 
やさしさが薄らいでいく時代の中
僕らはもっと、自分の存在価値と相手の存在価値に気づき、尊重しあえる想像力が必要だ。

台風一過、今日の空は本当にきれいな青空だった。
 
posted by N.B at 15:56| ☀| ●NB日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

台風が近いぞ

台風21号が近づいている。
今年は台風の当たり年。関東は、周りを山々に囲まれ強風や雨雲はふさがれやすいし、
冬は雪雲がやってこない。なかなか、すみやすいところだ。…人が多い以外は。
 
今日は自宅から25キロ離れた仕事先へ行った。
どこもかしこも混んでいて、スピードも40キロ以上にならない。
昨日も同じ仕事先に行ったが、途中で前後を走った青いMR-Sと今日もまた前後になった。
何度か見かけたことのある車だ。
正直、同じカテゴリの車だけあって、ライバルみたいな気持ちは強いのだが、
反対にあまり人が選ばない車種を選ぶ気持ちがわかるというか、変に仲間意識をもつ。
まあ、向こうはどうか知らないけど、昨日今日といい、自分の後ろをつかず離れず
走ってくれているのだから、こちらを意識しているのは確かだ。
朝からさわやかな気分で一日のオープンカーライフを送れるよう、いつも祈っている。
 
ところで、今日は朝から女性の運転する水色キューブが急カーブで車線をはみ出して曲がってきて
危うく正面衝突するところだった。死ぬかと思った。ちなみに相手は回避行動一切なし。
カミカゼ・キューブだ。ロードスターのリニアなハンドリングが役立った。
 
 
友人のプジョー206CCと、道志の道の駅にて撮影。
こうやって見ると、それぞれ特徴的な顔をしているね。
 
そうそう、来年フルモデルチェンジのロードスターだが、
最近のマツダ車と同じような顔をしている、という説と、
RX-8に似ている、という説あり。
正直、どちらもいやだが、RX-8に似ている顔のオープンカーにしたら…S2000じゃんか…。
おいおい、初代と現行のような愛嬌ある「ニコニコ顔」にしてくれよ…。
posted by N.B at 21:52| ☔| ●NB日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月26日

まあ、いいんですが…

 
「車、何に乗ってるの?」
「マツダのロードスターです」
「あ、ユーノスね」
 
ちがうんです。
ユーノスじゃなくて、マツダなんですっ!
 
まあ、先代のNA型(ユーノスロードスター)が偉大すぎるから、
間違われるのは仕方ないけど、NBはマツダロードスターなんです。
 
はたから見ればどうでもいいんだけど、
意外とこだわってます。まあ、ユーノスといわれるのは慣れたけどネ。

 
楽天の野球参入。ずるいなあ。
経済界のそうそうたる面々(トヨタとか)の協力を得たとのこと。
明らかに、ホリエモンつぶしの古い体質が裏で結託して動いているとしか思えない。
 
まあ、収益性などを見ても、ライブドアより楽天の勝利なんだろうけど、
ライブドアが球界革新に果たした役割は大きいね。
ホリエモンも、e-bankからの恫喝事件(お前の会社ぶっ潰すぞ発言)といい、
結構社会と闘ってるようだ。
(とはいえ、すんなりと好きにはなれないのはナゼだろう…)
 
古田や各球団の選手会長の熱意に打たれたので、もう少し日本野球を見直してみようと思う。
でも、楽天が参入しても、楽天は応援しないだろうな。
 
とは言いつつ、日本の野球を見ずに大リーグだけ見ている自分が居る。
 
 
posted by N.B at 13:53| 🌁| ●NB日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月25日

ほっとしたこと…

秋の朝、藍のロードスターに紫の花が3つ、そっとのっていた。
 
今日は懐かしい友人たちと会いに表参道に行った。
やはり、おしゃれな町で、きらびやか。
人ごみは相変わらず苦手だが、たまにこういう町を歩くのも面白い。
 
路上に止められている車は、たいてい高級車だった。
その中に、ぽつんと一台止められている、シルバーのロードスターNB1を発見。
なんだか、ほっとした(笑
posted by N.B at 23:08| 🌁| ●NB日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月24日

話題の喫茶店

我が家の近所にある、人気の喫茶店パペルブルグ。
オーナーは知り合いだが、町づくりにも熱心なナイスミドル。
 
パペルブルグは、古いドイツの城をイメージした店で、
その外観、内装のこだわりはほとんど古ぼけた西洋の骨董品であり、
壁画なども圧巻だ。
こだわりのコーヒーは、価格こそ安くはないが抽出方法にもこだわっている
本格的なもので、味わい深い。
駅からも遠く離れ、自動車でないといけない場所にあるが
たいていの夜は混んでいる。
平日の今日、飲食店がすく14時過ぎに訪れたが、混んでいた。
夜は時折、クラシックなどのライブもしている。
薄暗い店内はムードがあるので
恋人、夫婦が二人だけの大切な時間を過ごすのにもいいかも。
 
好きこそ物の上手なれ、ではないが、こだわりを追求しているものには魅力がある。
ロードスターも、言わずもがな、かな(笑
 
パペルブルグは国道16号、御殿峠の結婚式場「日本閣」向かい
posted by N.B at 22:50| 🌁| ●NB日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

そんなに地味ですか?

よく、
「何で海外旅行にしないの?」
とか
「地味なところに行っているね〜」
といわれる。
日本を旅すること、そんなに花がないっすか?
 
日本って、美しいですよ。
僕は、日本の風景や風土が、大好きです。
posted by N.B at 00:59| ☁| ●NB日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月22日

トンネル

そこにたどり着くためのトンネルは
おそらく君が考えるほど複雑じゃない。
走れ、ただ無心で駆け抜けろ!
 
posted by N.B at 21:44| ☁| ●NB日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月21日

長野県 白馬

 
 
物販、飲食のほか、露店で果実を売っていた。
物販は、大体お土産や産と代わらないようなものが多いが
わさびを摩り下ろしたチューブや、岩魚の骨酒セットなど、ノンベエ泣かせのものも。
露店の果実は安かったが、5つで300円ほどのりんごは甘いがスカスカした。
飲食のほうは未確認。
白馬の中心地からは少し離れているが、わかりやすい場所にある。
 
  
 
仏堂などもある。
 
 
posted by N.B at 19:09| ☁| ■道の駅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長野県 小谷(再訪)

以前は温泉に入りに来た道の駅。
 
 
なかなか気に入っている道の駅で、物販、飲食、温泉がある、盛況な道の駅だ。
今回は温泉に寄らず、宣伝してあった塩ラーメンを食べた。
 
  
 
これがお奨め商品の塩ラーメン、温泉卵が入っている。
それにしても、お奨めなのに右画像の切れ端のようなチャーシュー。
なんだかなー。650円くらいだったかな?
 
味付けはあっさりしすぎていて、こくが無いため印象が薄い。
「売り」にするなら、もうちょっとがんばってほしい。
 
  
 
ここの物販は面白いものがあっていい。果物も、安く売っていた。
右の画像は、「いろり」。ヒノキ製の囲炉裏は10万ぐらいした。
 
携帯ストラップと、それをおるために使うという織機も展示してある。
 
posted by N.B at 19:02| ☁| ■道の駅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

石川県 高松

有料道路の能登道路にある道の駅。
サービスエリアそのもの。
お土産などが買える。特に特筆する点はなし。
 
 
 
posted by N.B at 18:59| ☁| ■道の駅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

石川県 とぎ海街道

なかなか見所のある道の駅。
物販、飲食があるが、男爵イモを使ったソフトクリームはなかなかおいしい!
 
駅内には海鮮物も若干あるが、主にはそれ以外の物販で、
お神輿に備え付けるキリコや、富来町出身だった「岸壁の母」のコーナーがある。
岸壁の母とは、第二次大戦中、息子の戦死の報せを信じずに、
大阪の港に立ち続けた女性のことらしい。
歌や演劇にもなっているらしいが、結局その息子は生きていたという。
 
道の駅を出た裏手には、砂浜沿いにギネス認定の世界一長いベンチと、
岸壁の母の碑がある。
 
 
 
 
 
水槽(左) 岸壁の母まんじゅう(右) 
 
キリコ(左) 岸壁の母の死を報じる新聞(右)
 
  
posted by N.B at 18:45| ☁| ■道の駅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

石川県 赤神

ちいさな道の駅。
物販がある。特に印象に残ったものは無いが、地場産品が一通り置いてあった。
駐車場はそこそこ止められる。
景色がいいので、ちょっと一休み、というのに可も不可も無い感じ。
 
posted by N.B at 18:42| ☁| ■道の駅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

石川県 輪島

 
かつて駅舎だった道の駅で、現在はバスターミナルになっている。
観光案内や物販、飲食店があり、併設されている建物には展示などもあるようだ。
 
駐車場は特に区画線が引いていないもので、1時間と決められている。
 
 
 
木の建物はそれなりに雰囲気はある。でも、正直物足りない。
何でだろう…目の前に大きなダイソーがあるからだろうか、
ここ自体が大きなバスターミナルになっていてバス街の人が行列を作っているからだろうか…
建物に消防車の車庫があるからか…
元駅舎だったというわりには線路は少ししかないし、雰囲気作りも中途半端だ…
 
いや、ただ単純に、「何がしたいのかわからない」からかもしれない。
バスターミナルにしたいなら、バスターミナルにすればいい。
元駅だったというなら、もっと電車にこだわったら?
それとも「輪風」や地域文化を広めるための施設なのか?
でも、道の駅にしたいなら、もっとちゃんと道の駅にしたらどうだろう。
ここは生活の場なのか?電車のテーマパークなのか?文化の発信地なのか、それとも、ドライバーのための安心して休める施設なのか?
道の駅にしたからには、きっと何か思いがあるはず。それをしっかり伝えてほしい。
正直な感想では、能登空港と同じ、それだけで十分な力を持たない
便乗的な道の駅としか感じなかった。
posted by N.B at 18:37| ☁| ■道の駅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

石川県 千枚田ポケットパーク

有名な景勝地、千枚田の道の駅。
駐車場は少ないが、観光バスが訪れる。
売店があるが、物販のみで飲食はない。
景色を見てリフレッシュするにはいいところ。
個人的には、P泊してみたい気になるが、食べ物を用意してから出ないと無理だろう。
 
 
 
 
 
 
posted by N.B at 18:27| ☁| ■道の駅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

石川県 桜峠ポケットパーク

きれいな花に彩られた、ちいさな道の駅。
ちいさな売店と、ちいさな日本庭園があり、一休みの気分転換にはいいところ。
かれいぱん」がうりものらしい。
 
 
 
posted by N.B at 18:18| ☁| ■道の駅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

石川県 能登空港

道の駅らしからぬ道の駅。
空港施設の利用数を上げようという目的だろう。
施設内の観光案内所や売店などが使える。空港なので、駐車場などは広いし施設内は清潔。
夜間のトイレなど、使えるところがあるのかどうかわからない。
個人的には面白みをまったく感じなかった。
 
 
文化・観光案内所
posted by N.B at 18:07| ☁| ■道の駅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

石川県 なかじまロマン峠

こぢんまりした道の駅。売店とトイレがある。
大型車も何台か止まっており、利用は少なくないようだが、これといった特徴はない。
隣にちいさな沼があるが、とくに景観的に優れているわけではなく、
能登島への行きかえり(ツインブリッジ利用)に立ち寄るのにちょうどよい。
 
posted by N.B at 18:03| ☁| ■道の駅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

富山県 氷見

漁港に隣接した面白い道の駅。
網元が何軒も店を出しており、市場のようになっている。
とったものを直接エンドユーザーに販売する場を得ているということは、
きっと漁業者にもプラスに違いない。
値段的には、安くはないが、高くもない。
頼めばさばいてもくれ、見ているだけでも十分面白い。
 
がんとぶり一本(1200円)とサワラ1本(1800円)を購入した。
 
飲食は2店ほどあり、通常の一般的メニューを扱う店と、
海鮮物の店。
 
横手は広場になっており、そこから遊覧船が接岸している。
氷見はかつて大伴家持も歌に読んだ地として、記念碑がある。
 
値段的にぼったくるようにならなければ、人気は持続するのではないか。
 
 
 
  
 
 ひみぼうずくんは藤子プロダクション。ぶりを抱えている。
posted by N.B at 17:50| ☁| ■道の駅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

富山県 カモンパーク新湊

国道の効果から側道に入ったところにあり、大きな駐車場があることから
大型車が多くとまっている。
食堂の開店時間が早いので、ここで食事をしているようだ。
メニューを眺めてみたが、特筆する点はない。
 
施設は物産、飲食と情報提供のほかに広場などがある。
 
入り口の信号や矢印がわかりづらく、その時点であまりよい印象はないが、
道の駅としての機能は十分果たしているだろう。
 
 
 
posted by N.B at 17:42| ☁| ■道の駅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。