2004年10月29日

きつい!

ただいま岩手の北上にいます。風邪が悪化し、のどが痛くて夜、寝ては起き、寝ては起きの繰り返し。

昼はリゲイン、夜はユンケル。常に龍角散のど飴とビタミンタブレットをモグモグ。

年を経るごとに、ユンケルが効かなくなっている…(汗)

昨晩は遠野から移動後(遠野の道の駅、最高←後日のレポートを待て!)、ホテルのそばの「一の蔵」というお店で酒宴。宮城の酒「一の蔵」にほれ込んだ夫婦が22年前、20代にして作ったというお店だが、とても感じがよく、料理も上品で質がよかった。オススメ。

結局、直前に遠野で購入した宮守町のビール「わさびドライ」「わさびエール」、遠野のにごり酒(どぶろくを飲みたかったが、どぶろくは12月ぐらいから、市街地のお店で飲めるという)を飲んでいたのにそれから一の蔵の無監査本醸造超辛を三合、ぬる燗で飲んでしまった。

ちなみに、わさびビール(厳密には発泡酒)は「色きれい」「飲んでみる価値ある」「乾杯に面白いかも」。。。ドライは、ドライというだけあって辛い。ドライすぎる(泣)

ああ、頭が痛い。熱が出てきたかな…?

…って言うかもしかして、頭痛に関して言えば

今日は江釣子に行ってきます。きついよ〜。

 

 

posted by N.B at 08:40| ☔| Comment(2) | ●NB日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月27日

お見舞い申し上げます

新潟中越地震、お見舞い申し上げます

新潟県中越地域は私も仕事で、ロングツーリングでとてもなじみのある地域で、友人も多く住んでいます。

 栄町にて2003.8

国道8号線、関越道、堀の内PA、越後川口SA、新幹線、小千谷、長岡、中之島、見附市、栄町、三条市…とても大好きで、思い出深い地です。

とても美しく、四季折々が豊かで、強い心を持った人々の住む地が、色々な思い出があるあのやさしい風景が、共に酒を酌み交わした仲間たちが、このような天災に見舞われていることは心痛に耐えません。

一刻も早くこの天災がおさまり、地域の人々の安寧の生活が戻ることを心よりお祈りします。

私も、今ここでできることをいくつかさせていただきましたが、これからも引き続き少しでも応援できればと思っております。

なお、今なお苦しい生活に直面されているかたがたの姿に、新潟県の人特有の我慢強さ、助け合いの姿を見ました。どうか、気を落とさずに、寒くなりますがどうか健康であってください。 良き日はまた必ずやって来ます。

 


 

報道ステーションにひとこと。

まだ災害が続いているときに、目の前で弟を失った小学生の女の子にインタビュー。

遺族へのインタビュー。

それは今やることなのだろうか。どんな目的があって報道したのだろうか。

幼い、心に傷を負った少女に対して、それは大人がやることなのですか?

 

恥を知れ。

 

posted by N.B at 23:43| ☔| Comment(0) | ●NB日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

超多忙

いや〜忙しい

書くネタはたくさんあるんです。

でも、あまりの多忙さに時間がない…原稿がたまりまくりで、

明日は朝から岩手に行かないといけないし、週明けは大阪に…(また原稿がたまるぅ〜・泣)

というわけで、また時間を見つけてネタ、アップします。

posted by N.B at 22:52| ☔| Comment(0) | ●NB日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月21日

焼津の花の里にて

であったパグくん。元気かな。
posted by N.B at 23:34| ☁| ■風景・画像・ネコ… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

200303 霧雨にかすむ三保の松原

 
その日、
春を探しに来た三保の松原の海は
懐かしい匂いの霧雨に煙る、冬の海だった。
 
 
夕暮れ時の潮騒は、
変わることのない永劫普遍の原則のように、
繰り返し、繰り返し…
 
しっとりと濡れた北からの風は、
ブルーのスクリーンに朱色の純情を映しこんだ。
 
 
足跡を追い、流れる砂に一つ一つ拾い上げる、
追憶の先のラヴ・レターズ。
 
posted by N.B at 23:07| ☁| ■風景・画像・ネコ… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

眠い

仕事が目白押しの昨今。
今日もこの時間まで資料作成。
寝ます、一時間。今日は朝から仕事先、夜は講習だ〜。
 
おきろよ、俺。一時間後に。
 
割に合わない仕事だが、今はこれも修行なり。
posted by N.B at 05:58| ☁| ●NB日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月20日

日本の色 大須商店街にて

日本の文化の色。きれいっすね。
去年の夏、名古屋の大須商店街でとりました。
 
名古屋は通り過ぎるだけの街だと思っていましたが、
名古屋に彼女の家があり、たまに行くことになり…。
それがきっかけで、美しい日本の風土に気づく機会を得るものなんですね〜。
 
それにしても、大須商店街は面白い。
 
カメラはファインピクスの4800zです。
 
posted by N.B at 01:33| ☔| ■風景・画像・ネコ… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月19日

千葉県長柄町のアウトレットで出会ったネコ〜アウトレットに書きたいホーダイ〜

千葉県の長柄町のアウトレット「コンサート」に行った。
 
そこのペットショップの店頭にいた野良?ネコ。
 
とても人懐こい、美ネコさんだった
 
かまってくれるの?
 
しゃがんで画像を撮っていると店員が出てきてジロジロみていた。
あからさまにこちらが気づくように監視しており、感じ悪い。
まあ、この店で商品を買うつもりは一生ないからいいんだけど。
 
こんな感じで店員が見るんです。
 
ほんの2,3分の出来事だったが、これだけで客は減るんですよ。がっぽりと。
「こんにちは〜、そのこ可愛いですよね〜」とひとこえかけてくれればかなり印象はいいんですよ。
接客を学んでください。
 
この時点で、このアウトレットへのイメージ悪くなった。
 

ちなみに、このコンサートというアウトレット、この時期に店頭に半袖Tシャツが並び、
ある店舗では窓ガラスに見えるところでダンボールが山積みになっている
 
まあ、アウトレットだからキャリー品があるのは当然だけど、せめて店頭には今期物か、
海外生産品を並べたらどうなんだ??
いまどき、明らかに売れなかった在庫処分を前面に押し出したアウトレットなど苦しくないのかな。
個人的には珍しいサンプル品とか海外生産品、そのシーズンに着れる今期物があるから行きたくなるんだよな。
 
それと、コンサートというネーミングセンスはどんなもんじゃい。
 
 グランベリーモール(町田)    ちいさなかわいらしい赤い実をイメージしちゃう
 ラ・フェット多摩南大沢)     南仏だかなんだか知らんが、情熱的そうだ。フェレットではないんだな。
 プレミアムアウトレット(御殿場) おお、プレミアムっすか、プレミアムっすよね、なんかすげー。
 ガーデンウォーク幕張(幕張)  おお、いかにも歩くのが楽しそうな名前でこじゃれた感じ。
 
 アウトレットコンサート     
 
 
 
 
なんだかもう、名前負けなんです(泣)
 
今年オープンしたばかりにしては、つぶれているような店もあるし完成度が低いと思った。
もっとイメージを大切にしないと。一年後はきついぞ。
 
お店の構成は、おそらく30代の子連れを狙っているような感じ?
だが、目を引く有名ブランドはなかったから、20代の人にはつまらないかも。
 
個人的に利用するとすれば、Right-Onでジーンズ買って、ABCマートでスニーカーかって、
100円ショップで文房具買うぐらい…って、近所ですむよね、ママン。
ていうかですね、
100円ショップのアウトレットて、どんなもんじゃい。
 
消費者が100円出して買わなかったものを集めてまた100円で売ってるのかな?
それとも1000円出して買わなかったものを100円で売るならわかるな。
まさか、普通の100円ショップじゃないよね。その時点でアウトレットの名は語れないでしょ。
 
パッと見こぎれいだけど、屋根が連続してないから濡れる濡れる。
雨に濡れないベンチも少ない。
 
観覧車は一回500円。東京湾と九十九里が見えるのが売りらしいさ
 
とはいえ、せっかくできた商業施設。
これが育つかどうかは消費者の素直な反応と運営当事者のたゆまぬ改善への意識の高さだろう。
 
今後の展開に期待。
 
 
posted by N.B at 23:53| ☔| ●NB日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長柄町都市・農村交流センター

春には桜が咲き誇る長柄ダムのほとりの都市・農村交流センター。
農産物の直売所などもある。
 
  
 
ここのレストラン、里の味。こぢんまりして手作りなお店。
 
ここの手打ちうどんはおいしいよ♪
黒米うどんなどの変り種もあり。モチモチした食感が楽しめる。
ちなみに、物産では味噌がおすすめだ。
 
木彫りのクマさんもお迎えするぞ。。。11時からやってます。夜はやってないよ。
 
posted by N.B at 23:02| ☔| ■ドライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月17日

感傷的な日。

今日は買い物をしに、ロードスターでご近所のJR(&京王)橋本駅周辺にいってきた。
 
橋本駅周辺は近年富に発展している。駅ビルも充実してきた。
 
天気がいいので、ミウィ橋本という商業ビルの上にある、飲食テラスに上った。
ここからは丹沢山系や富士山方面が一望できてなかなか気持ちいいのだ。
今日は残念ながら、山のほうが曇っていたのではっきり見えなかった。

 
 
夕暮れ、陸の中腹にある我が家から夕焼けを眺める。
もうここに越してきてから10年、秋にはこの季節を眺めてきた。
 
遠くに見えるのは丹沢山系。すっかり夏は気配を消していた。
三日月が、澄んだ空にひとつ、浮いている。
 
ふと、スガシカオの「黄金の月」を思い出して口ずさんだ。
 
♪大事な言葉を何度も言おうとして 
吸い込む息は ムネの途中でつかえた…
 
焦燥感に打ちひしがれていた、もっと純粋なものを追い求めていた20歳のとき。
あの頃の僕は大人になることを恐れては、子供でい続けることの罪悪感に押しつぶされそうだった。
 
あれから起こった楽しかったことやつらかったこと。
僕の人生に現われては去っていった人たちと風景。
それぞれが僕の道しるべとして僕の人生をいまも照らしてくれる。
 
あいたい、でも、きっともうあえない。
あの風景をまた見たい、でも、もう見られない。
僕がときに焦がれるあの頃は、何をしてももう存在しないだろう?
 
ちょっと感傷的な風景だったが、
本当に今、ここにある自分を幸せに思えた。
 
人生は本当に、旅に似ている。
 
posted by N.B at 17:49| ☀| ●NB日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。